結婚相談所に向いている3つのタイプとは何か?

婚活方法には色々な方法がありますが、人それぞれ向き不向きというのがあるものです。では、婚活方法のひとつである結婚相談所はどのようなタイプの人が向いているのでしょうか?結婚相談所に向いている3つのタイプについてみていきましょう。

 

まず一つ目は、できるだけ早くに結婚を決めたいという人です。

結婚相談所に登録すれば、早い人だと入会から3か月程で結婚が決まるような場合もあります。あれよあれよという間に結婚が決まってしまう可能性もあるので、しっかりと結婚相手へのイメージができていない人の場合は、そのスピードに戸惑ってしまうかもしれません。

しかし、結婚相手に求めるものがハッキリしていて、いつまでには必ず結婚したい!という強い意思や目標が定まっている人の場合は最適な婚活方法です!婚活パーティーや婚活アプリ、合コンなどではなかなか理想の人に出会えなかったり、出会ってもすぐには結婚を望んでいなかったりするかもしれません。それではせっかくの出会いも意味がありませんよね。

その点、結婚相談所であれば、カウンセラーに自分の結婚相手への条件を伝え、それにマッチした人だけを紹介してもらえます。結婚に対しても真剣な思いを持っている人に出会うことができるので、その分結婚への近道となるはずです。

 

二つ目は、男性に対して自分から行動を起こすことのできない消極的な人です。

やはり見知らぬ男女が結婚へ行き着くまでには、それなりのコミュニケーションが必要になってくるでしょう。しかし、消極的で何も行動を起こせない人の場合は、そのスタート地点にすら立つことが難しいのではないでしょうか。それでは結婚どころかコミュニケーションをとり、自分のことを知ってもらうことも相手を知ることもできません。

結婚相談所であれば、頼りになる仲介人が二人の間に入ってくれます。初めての出会いの場をセッティングしてくれるのはもちろんのこと、お互いが話しやすいように間を取り持ってくれます。例え自分が消極的で話をできなかったとしても、それをカバーして仲を深めてもらえるでしょう。その消極的な部分を長所として相手男性に上手く伝えてくれるかもしれません。

自分からアピールできないという人は結婚相談所に登録し、第三者の助けを上手く借りることで、一気に結婚へと進んでいくことができるでしょう。

 

三つ目は、他人の意見を素直に聞くことができる人です。

結婚相談所では婚活のプロであるカウンセラーが、色々なアドバイスをしてくれます。自分に向いている男性のタイプや、結婚への意識の持ち方など、様々な観点から意見をしてくれるでしょう。ですが、それに対して「結婚は自分がすることだから」「他人にとやかく言われたくない」というようなタイプの人であれば向いていません。

カウンセラーが自分と同じ意見だった場合はいいかもしれませんが、時には自分と違う意見や厳しいアドバイスもあるでしょう。耳が痛くなってしまうような指摘もあるかもしれません。それを、自分の為に言ってくれていることだと受け止められず、鬱陶しく感じてしまうような人はやめておいた方がいいでしょう。

逆に、カウンセラーのアドバイスや意見に耳を傾け、第三者のサポートを求めている人にとってはかなり心強いはずです!たくさんの人を見てきたカウンセラーは、これまで気付けなかった自分自身の新たな面や、本当に結婚相手に求めていることなどを冷静に見極めてくれるでしょう。それを素直に聞き入れたことで、驚くほどスムーズに結婚が決まるかもしれません。

このように、結婚相談所に向いている人の傾向というのはあります。自分がこれに当てはまるなと思った人は、是非結婚相談所を活用してみてはいかがでしょうか?